グローバル・タスクフォース:オペレーションコンサルティング マネジメント出向 マネジメントトレーニング
HOME
1.ABOUT US
2.経営人材支援事業
3.母体・連携団体
4.出版・イベント
5.啓蒙・支援活動
(インターンはこちら)
お問い合わせ/Inquiry
<<MBA同窓生支援>>
<<MBA候補者支援>>

2004年07月20日

グローバルタスクフォース株式会社

『個別指導付き企業研修(マンツーマン・コーチング)』
〜GTF、eラーニングワールド2004でリリース開始〜


書籍『通勤大学MBA』シリーズの著者で、世界18カ国54校の経営大学院における公式合同MBA就職部を母体とするコア人材出向支援会社のグローバルタスクフォース(以下GTF社)は、従来自己完結型が中心であったEラーニングを含む企業向け遠隔教育に、個別指導を標準装備した1人あたり1万円からの『マンツーマンコーチング』プログラムを2004年7月28日より開催されるeラーニングワールド2004にてサービスリリースいたします。

本プログラムでは、個別企業の現場における場面設定をヒアリングした上で作成された当該企業のオリジナルのショートケース(事例)を題材として、各受講者に日々の仕事の流れと同様、事例における課題の中で自分はいかに考え、行動するかという思考および行動様式の具体的な記述を提出して頂きます。その個別の回答に対し、GTF社が抱える約300人のコーチが個別に質問・添削を行うと同時に、模範解答(現場における思考・行動例)をフィードバックし、日頃深く考えることなしに行動しがちなビジネスパーソンに気付きとその気付きのベースとなる基本的なマネジメントの基礎知識を提供します。

従来、Eラーニングを中心とする遠隔教育は、自己完結型が多く、チューターと呼ばれる指導役が存在していても、そのチューターへの質問する受講者が限られるばかりでなく、個別回答に対するフィードバックを行うケースが少なく、多くの場合チューターの稼働率は数パーセント程度レベルであるといわれています。また、遠隔教育事業者側にとってチューターは大きな経費の一部となっており、できる限り稼働率を下げようというインセンティブが働くなど、教育効果を考えると本末転倒といえる状況が見られます。

GTF社は、個別回答に対する指導のできない遠隔教育は書籍以上の付加価値を提供しているとはいえないと考えます。したがって、GTF社のプログラムは100%個別指導が前提となっており、個別指導なしのプログラムを希望される法人向けには、通勤大学MBA(総合法令出版)等の書籍による学習を進めています。

なお、サービスメニューは、場面設定ごとに提供され、『営業のための論理的思考講座』および『SEのための営業講座』のリリースから開始されます(※Eラーニングワールド2004年でのリリースにあわせ、10社限定でオリジナルケースの作成から受講者3名までの個別指導を無料で提供するモニターキャンペーンを行います。詳しくはHPを参照下さい。)
 
以上

企業概要
世界18カ国54校の経営大学院が共同で運営する
公式MBA組織から生まれたコア人材出向支援会社
会社名:グローバルタスクフォース株式会社
代表者:代表取締役社長 山中 英嗣
住 所:東京都中央区日本橋蛎殻町1-13-1日本橋北島ビル
連絡先:TEL:03-3661-0252
FAX:03-3661-0253
info@global-taskforce.net
URL:www.global-taskforce.net

※関連ページ『コア人材訓練事業』

Copyright (c) 2004-2006 Global Taskforce K.K. (GTF)
Powered by pascal-tie.com