グローバル・タスクフォース:オペレーションコンサルティング マネジメント出向 マネジメントトレーニング
HOME
1.GTFについて
2.成長支援事業
3.母体・連携団体
4.出版・イベント
5.啓蒙・支援活動
(インターンはこちら)
お問い合わせ/Inquiry
<<MBA同窓生支援>>
<<MBA候補者支援>>

※変更のお知らせ:急遽スピーカー中村氏のダボス会議出席が決まりましたため、今回のテーマはお見送りになります。そのため代打で元アクセンチュア社長の海野氏に「孫子の兵法」とビジネスのヒントについてお話頂き、その後フリーネットワーキングとさせて頂きます。

早朝朝食勉強交流会「アーリーバード」開催概要

【変更後】

2024年1月19日金曜日
アーリーバード

「孫子の兵法とビジネスへのヒント」

元アクセンチュア 代表取締役
スウィングバイ株式会社 代表取締役
海野塾 塾長

海野恵一氏
Mr Keichi UNNO

【変更前】

2024年1月19日金曜日
アーリーバード

サステナブルな資本主義の実現へ向けたインパクト投資事業への挑戦
経済的リターン に加え、社会的インパクトを組み入れた投資の実行へ

GLIN Impact Capital
創業兼代表パートナー

中村将人氏
Mr Masato NAKAMURA
(MBA, Harvard)

場所オンライン/大手町周辺 
日時2024年1月19日(金)早朝7:20〜 
テーマサステナブルな資本主義の実現へ向けたインパクト投資事業への挑戦
-経済的リターン に加え、社会的インパクトを組み入れた投資の実行へ-

→【変更後】「孫子の兵法とビジネスでのヒント」

ポイント● 欧米ではインパクト投資が本格化も、日本でのインパクト投資は限定的
● この原因・解決策を探るべくハーバードビジネススクールで研究を実施。インパクト投資を実践する国内アセットマネジャー不足とそれに伴う実践知の蓄積不足が、特に重要な課題との結論に至り、インパクト投資ファンドを設立
● グローバル基準のインパクト投資を日本で行い、その実践知を蓄積・共有することで、インパクト投資の発展・拡大に貢献することを目的に設立

→【変更後】
●『孫子』が書かれたのはおよそ2500年前。従来の兵法は、「武運によって勝敗は決する」という思想が強かったが、『孫子』は、「人為によって勝敗が決する」と断言。勝利への道筋を見事に理論立てる。
●ただ、いたずらに戦争を起こすのではなく、とてつもない被害をもたらす戦争はできるだけ避けて、自らの利益だけでなく相手方の利益を最大限に高めること、平和を求めるのが真髄。つまり大前提として「戦争はできるだけ起こさないことに越したことはない」。
●『孫子』は全13篇のうち、最初の3篇「計篇」「作戦篇」「謀攻篇」は、戦う前の準備や心構えについて、次の「形篇」「勢篇」「虚実篇」は、勝利に向けての態勢づくり、あとの7篇は、より実戦的な戦場における軍の動かし方を網羅。

スピーカーGLIN Impact Capital  代表パートナー
中村将人氏  Mr. Masato NAKAMURA(MBA, Harvard)

→【変更後】スウィングバイ株式会社代表取締役 元アクセンチュア代表取締役 海野圭一 Mr. Keichi UNNO)
プロフィールGLIN Impact Capital代表パートナー。三菱商事にて貿易事業、インドネシア駐在を経て、AI/IoT関連新規事業立ち上げやスタートアップへの協業・投資検討に従事。インパクト投資を学ぶためハーバード・ビジネス・スクールに留学、学内インパクト投資クラブの代表や、Acumen Fundにてインパクト投資の経験を積む。2020年にGLINを創業。インパクト志向金融宣言運営委員およびGSG国内諮問委員会インパクトIPO委員を兼任。
→【変更後】
1971年 東京大学経済学部経営学科 卒業
1987年 国際青年会議所 財政顧問
1999年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)同社 素材・エネルギー本部 統括パートナー
2000年アンダーセンコンサルティングからアクセンチュアに社名変更
2001年同社 代表取締役 就任
2003年同社 顧問(2005年3月 退任
2004年スウィングバイ株式会社 代表取締役社長
2004年天津日中大学院 理事
2013年海野塾 塾長

会費無料
※セキュリティ&定員管理のためチケットの無い方はご参加頂けません。
人数30名限定(リアル参加&リモート参加のハイブリット型での顔が見える勉強・交流)
参加方法下記申込ボタンよりPeatixからのチケット取得をもって席確保のご連絡にかえさせていただきますが、Peatixにてチケット(無料参加券)を取得いただいても、都合により人数調整が必要な際、抽選に外れご参加いただけない場合がございます。予めご了承下さい。
参加資格※ビジネスと交流に強い関心を持つ方で、ボランティアのゲストスピーカーや他の参加者から良いところを積極的に学ぶ姿勢をお持ちの方であれば、MBA同窓生以外の方もご参加いただけます。

『これまでのメディア取材』

●日経キャリア誌
●朝日新聞社「アエラ」誌
●BS日テレ「財部経済研究所」
●日経CNBC「夜エクスプレス」
●anan誌
●日経ビジネス「Associe」誌
ほか
※取材の問い合わせ等は上記申し込みフォームを送信下さい

『朝の時間の有効活用、していますか?』

毎月第一金曜日早朝7:30開催のパワーブレックファーストミーティングTokyo『Early Bird』は、前月20日前後に申込みを開始します。Early Birdは出入り自由ですが、席に限り(30人)があるため完全予約制とさせて頂いております。

是非、月一回1時間だけ早起きをして、有意義な時間の活用をしてみませんか。 グローバルタスクフォース(GTF)では、2001年よりMBA同窓生を中心として、毎回持ち回りで自分の業界のトピックや、専門職務、スキルなどに関する発見、失敗、成功体験などを20分程度で発表頂き、他のメンバーから学び、交流をする機会を設けています。

パワーブレックファーストミーティング「アーリーバード」とは?

毎回1人のショートスピーカーの話を伺った後、朝食をとりながら交流を深める早朝朝食型勉強会がTokyo Early Birdです。

それぞれの分野で想いを持つ参加者同士がスピーカーのお話を聞き、考えを共有することで、気づきを与え合う自律型次世代リーダー層の拡大を目指して開催をしています。

ボランティアベースの啓蒙の場

アーリーバードは一部のスポンサー様と参加者の皆さんによりボランティアベースで成り立っています。どんな著名なスピーカーの方も、参加者からのスピーカーも分け隔てなく“真の次世代リーダー輩出へ向けた啓蒙の場”というこの会の趣旨に賛同頂ける方に完全ボランティアベースでお願いをしています。

是非、スピーカーほかボランティアベースで協力頂いている皆さんのご好意をご理解いただけます様お願い致します。ビジネスと交流に強い関心を持つ方で、ボランティアのゲストスピーカーや他の参加者から積極的に学ぶ姿勢を持つ方であれば、MBA同窓生以外の方もご参加いただけます。

『これまでのテーマ抜粋』

マネジメント系●不確実な世界における意思決定(1)シナリオプランニング
●不確実な世界における意思決定(2)リアルオプション
●ラテラルマーケティング
●ブランドマネジメント
●企業価値評価
ほか
ソフトスキル系●心理学と言語学をべースにしたコミュニケーション「NLP」
●ビジネスEQ
●パワーハラスメント
●ヴォイストレーニング
●ディベート
ほか
業界研究系●Eラーニング業界
●バイオ・医薬業界
●小売業界(GMS)
●移動体通信業界
●Eコマース業界

など、年間12回、2001年より過去200回以上の勉強会が開催されています。

Copyright (c) 2004-2006 Global Taskforce K.K. (GTF)
Powered by pascal-tie.com